Dance of the ascetic

淡々と、フラットに
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ L80~
CATEGORY ≫ L80~
       次ページ ≫

リセットしてから地味に3日目です。
ダルさはとれました。

***

最近聴いてるアーティストを少し紹介。




ZELDA/小人の月光浴


先日訪れた古本屋で流れていて、気になってその店の主人に聞いて教えて頂きました

強いエネルギーを感じます。

腹の底から沸々と湧き上がってくるこの情動

凄く素敵だなあと心打たれました...
スポンサーサイト

年を重ねる毎に、チャンスを与えられる回数は減っていく。

掴む為には自分で手を伸ばさなければいけない。

今なんすよ。今ここなんすよ。

結局はこの答に帰着する

線引き

こんばんは。眠気が来ないので更新します。お久し振りです。

いきなりですがw自分、今年で22になります。ここまで、いろいろな経験をさせていただきました。
勿論これからも新しいことや場所に挑戦して生きたいなあという感情はありますが、やはり年齢を重ねる毎に抱えることが増えてきているのも事実です。
中学生や高校生の頃と比べると、何かひとつに没頭する時間は絶対的に減りました。
今後そういった抱えごとは加速度的に増加していくことでしょうし、今取り組みたい全てのことを極める、味わい尽くすためには流石にこれからの人生時間が足りません。笑

なので、自分の中でしっかりと線引きをしようと。
「これはここまでいったら終わり。満足。成功した。」というラインを決めようと思うのです。
例えば、
・トーイックだったら500点とったらおっけー!
・100m走は15秒きれたら大成功だ!
みたいな感じです。

重要なのは、「自分の中で」決めることです。
他人から見たらどう、とか考えません。あくまで自分です。
線引きに関わる変数はあくまで自分ひとりであり、それは誰であろうとも侵すことの出来ない領域。

このグローバル化したご時世、上を見上げるとキリがありません。
頂点に立ったただ一人以外全員敗者とか正直無理ゲー過ぎると思うのです僕は。
だから自分で自分を褒める。満足感を得る。
そういったセルフケアが大事なんじゃないかと思ってます。

ひとつにこだわって他人が決めたランキングに一喜一憂し続けられるほど自分は強くないです。
それよりかはいろいろなことにチャレンジしていったほうが自分が成長できる気がします。

別に世界一アームレスリングが強くなくとも、町内腕相撲大会一番でいいんじゃないのかな、と思うグーでした。

ピース

目標達成:努力という視点から

僕は努力が嫌いだ。
もうちょっと詳しく書くと、何かの大きな目標に向かってコツコツと努力をするのが出来ないのだ。
心が持たない。
同系統の作業を続けて、2時間持てばいいほうだ。
次第に集中力を失い他のことへ関心を向けてしまう。

自分のような人は、勤勉さを高く評価する日本ではかなり逆バイアスをうけるのだろう。
いや、やれって言われればそれまでなのだけれども、著しく能率が下がるのだ。
歯を食いしばりながらやる時期は必要だし大切だと思うけど、それはエネルギーに満ち溢れているときのゴリ押しでしかない。
心を削りながら行動するのは長続きしないのだ。きっとどこかで歪みが起こる。

だから、最終目標を分割していって短期的な目標にすることが、なにか大きなことを成し遂げるには必要なのだ。自分のような人間にとっては。
自分を楽しませながらタスクをこなしていきつつ毎日を過ごし、その先にあるものを掴むのだ。
じゃないとエネルギーや才能に溢れた人生を送っている人と戦えるレベルまでは行けない。